ジャック・ドゥミ×ミシェル・ルグラン デジタル・リマスター版特集上映「シネマ・アンシャンテ」
mockup

INTRODUCTION

映画は歌い、歌は物語る

歓びも哀しみも、すべてが夢のように美しい
フレンチシネマ史上至高の映像と音楽の
コラボレーション4作品を一挙上映!!!

ヌーヴェルヴァーグきってのロマンチスト監督ジャック・ドゥミと、映画音楽界の生きる伝説ミシェル・ルグラン。二人は1960年代から70年代にかけて最強のタッグを組み、数々の傑作を世に送り出しました。
2017年秋、ミュージカル映画の金字塔『ロシュフォールの恋人たち』の製作50周年とルグランの生誕85周年を記念して、同作ならびに『シェルブールの雨傘』、『ロバと王女』、『ベルサイユのばら』がデジタル・リマスター版でスクリーンに蘇ります。カトリーヌ・ドヌーヴほかスターたちの瑞々しい演技や、色とりどりの美術や衣裳、叙情あふれる音楽に彩られた男女の出会いと別れ……。
『ラ・ラ・ランド』をはじめ、今もなお世界のカルチャシーンに多大な影響を与え続けている魔術師二人の人生讃歌をご堪能ください。

cinéma enchanté シネマ・アンシャンテとは?

ジャック・ドゥミとミシェル・ルグランの二人が自分たちの映画を指して作った造語。cinéma(映画)とchanter(歌う)をかけ「映像と音楽の分かち難い関係」を表している。

COMMENTS

『ロシュフォールの恋人たち』は、我々の創作的コラボレーションのなかで最も楽天的で、前向きになれるような仕事だった。その証拠に公開から半世紀を経た現在も、この作品はとても愛しい映画として私の心に残っている。

Michel Legrand
ミシェル・ルグラン

ジャック・ドゥミと一緒に仕事ができたことは、素晴らしい経験でした。交わす言葉は多くはありませんでしたが、信頼し合っていたと思います。彼のフィルモグラフィの一部であることは本当に幸せ。

Catriona MacColl
カトリオーナ・マッコール

ジャック・ドゥミの世界は、どれも外側は喜びに満ちているが、内部はメランコリックで悲しい。すべてを美しさや楽しさで覆って、私たちにそれを見せてくれるのです。

Catherine Deneuve
カトリーヌ・ドヌーヴ
[フランス映画祭2017マスタークラス@映画美学校]

青空が映える色あざやかなロシュフォールの町並みと感情の高まりとともにあふれだす詩とメロディ。コルベール広場で繰り広げられる、恋と友情、夢と理想と現実の狭間で揺れる物語は、公開から半世紀を経てなお輝きを増す。『ロシュフォールの恋人たち』は、ハリウッド・ミュージカル映画への限りない憧憬から生まれた、永遠の夢見人「ドゥミ=ルグラン」コンビの到達点。

Takayuki Hamada
濱田髙志
「シネマ・アンシャンテ」スーパーバイザー

FILMS

ロシュフォールの恋人たち
Les Demoiselles de Rochefort

1967年/127分/カラー/デジタル
監督・脚本:ジャック・ドゥミ
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック、ジーン・ケリー、ジョージ・チャキリス

年に一度のお祭りを控えた港町ロシュフォール。双子の姉妹ソランジュ(ドルレアック)とデルフィーヌ(ドヌーヴ)は旅芸人のエチエンヌ(チャキリス)らと親しくなり、花の都パリに誘われる。姉妹の夢は、それぞれ音楽家とバレリーナになり、素晴らしい恋人と出会うこと。二人は夢を叶えるため旅立ちを決意するが、ソランジュは町ですれ違ったアンディ(ケリー)を忘れられなくなる。ドヌーヴと実姉ドルレアックの唯一の共演作で、揃いの衣裳に身を包んだ二人のキュートな美貌が眩しいミュージカル。ドルレアックは本作公開の数ヶ月後に自動車事故で25歳で急逝した。『雨に唄えば』のケリー、『ウェスト・サイド物語』のチャキリスなどアメリカのミュージカルスターが軽妙洒脱な音楽に合わせて踊る場面も見もの。

シェルブールの雨傘
Les Parapluies de Cherbourg

1964年/92分/カラー/デジタル
監督・脚本:ジャック・ドゥミ
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ、アンヌ・ヴェルノン、マルク・ミシェル

フランス北西部の港町シェルブールに暮らす17歳のジュヌヴィエーヴ(ドヌーヴ)と自動車整備工の20歳のギイ(カステルヌオーヴォ)は恋人同士。傘店を営むジュヌヴィエーヴの母(ヴェルノン)には交際を快く思われていないが、二人は密かに愛を育み、ギイが戦地アルジェリアに送られることが決まると再会を誓い合う。だが無情にも運命はすれ違い、二人はそれぞれの道を歩き出す……。すべてのセリフを歌で表現した画期的なミュージカルであり、ドゥミとルグランの名を世界に知らしめた一作。悲恋を歌ったテーマ曲「シェルブールの雨傘」は大ヒットして各国語で歌い継がれ、ドヌーヴのファッションや、色とりどりの傘が印象的な映像もさまざまなジャンルの作品に引用されている。

ベルサイユのばら
Lady Oscar
★デジタル・リマスター版初公開

1979年/124分/カラー/デジタル
監督・脚本:ジャック・ドゥミ
共同脚本:パトリシア・ノップ
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:カトリオーナ・マッコール、バリー・ストークス、クリスティーナ・ボーム

18世紀パリ。貴族令嬢でありながら将軍の父の意向で軍人として育てられたオスカル( マッコール)は、王妃マリー・アントワネット(ボーム)の近衛隊に配属され、王妃の愛人に初めての恋をする。一方、オスカルと兄弟同然に育った乳母の孫アンドレ(ストークス)は、オスカルへの身分違いの恋心に苦しみながら、オスカルに民衆の貧しい生活を伝え、革命運動に参加するように求める。宝塚歌劇、アニメにもなった池田理代子の代表作を、オールフランスロケで実写化した作品。日本の少女漫画の世界を、本物のべルサイユ宮殿の中でヨーロッパ俳優が演じるという無謀なチャレンジを豪華絢爛な美術と壮麗な音楽で見事に成立させている。

ロバと王女
Peau d'Âne

1970年/89分/カラー/デジタル
監督・脚本:ジャック・ドゥミ
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャン・マレー、ジャック・ペラン

再婚するなら自分より美しい女性を選ぶようにと言い残して王妃は死んだ。世継ぎを望む王(マレー)は、自身の娘である王女(ドヌーヴ)に求婚する。困った王女は結婚の条件としてさまざまな無理難題を出すが、王はすべて受け入れ、財宝を生むロバすらも殺してしまう。ついに王女はロバの皮をまとって王国を脱出し、森の小屋で下女として暮らし始める。そこへ王子(ペラン)が現れて……。シャルル・ベローの童話「ロバの皮」に魅了されたドゥミが、おとぎ話の倒錯した世界観を遊び心たっぷりに再現。当時27歳のドヌーヴの清冽さはもちろん、ジャン・コクトー『美女と野獣』などで知られるマレーのカリスマ性にも要注目。キッチュな映像と洗練された楽曲の組み合わせも絶妙で、フランスではドゥミ最大のヒットを記録した。

DEMY + LEGRAND

Jacques Demy
ジャック・ドゥミ

1931年6月5日、ロワール・アトランティック県ポンシャトー生まれ。自動車修理工場を営む父と髪結いの母のもとで育つ。ナントの美術学校を経て49年にパリに上京、51年まで写真映画学校に通う。アニメーション作家ポール・グリモー、映画監督ジョルジュ・ルーキエの助監督を務めた後、55年に短編「ロワール渓谷の木靴職人」で監督デビュー。61年、待望の長編第一作『ローラ』を発表し、「ヌーヴェルヴァーグの真珠」と称賛される。62年、女流監督アニエス・ヴァルダと結婚。同年『天使の入り江』を発表。64年に発表した『シェルブールの雨傘』が翌年のカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞し、世界的なヒットとなる。続いて『ロシュフォールの恋人たち』(67)、初のアメリカでの作品『モデル・ショップ』(68)、『ロバと王女』(70)、当時私生活でもパートナーであったドヌーヴとマルチェロ・マストヤンニ共演の『モン・パリ』(73)を監督。その後、日仏共同制作『ベルサイユのばら』(79)、故郷ナントを舞台にしたドミニク・サンダ主演のミュージカル『都会のひと部屋』(82)、イヴ・モンタンを主演に迎えた『想い出のマルセイユ』(88)などさまざまな題材・作風にチャレンジするも、90年10月27日、白血病により死去。享年59。

Michel Legrand
ミシェル・ルグラン

1932年2月24日、パリ生まれ。父レイモンは指揮者・作曲家、母マルセルは楽譜出版社の経営者、姉クリスチャンヌは後に歌手になるという音楽一家に育つ。11歳でパリのコンセルヴァトワールに入学し、ナディア・ブーランジェに師事。20歳にして主席で卒業後、プロの音楽家として活動を始め、58年マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンスらを集めたジャズアルバム『ルグラン・ジャズ』を発表。ジャズ界で一躍注目を浴びる。映画音楽家としてはアンリ・ヴェルヌイユ監督の『過去を持つ愛情』(54)を皮切りに数々の作品に携わるようになり、『ローラ』(61)に続くドゥミ監督作品『シェルブールの雨傘』(64)で世界的な名声を獲得。ドゥミ以外の監督と組んだ主な映画に『女と男のいる舗道』(62/ジャン=リュック・ゴダール)、『華麗なる賭け』(68/ノーマン・ジェイソン)、『恋』(71/ジョセフ・ロージー)、『おもいでの夏』(71/ロバート・マリガン)、『三銃士』(73/リチャード・レスター)。『愛と哀しみのボレロ』(81/クロード・ルルーシュ)、『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(83/アーヴィン・カーシュナー)などがある。近年は本格的クラシックのアルバムも発表するなど、ますます精力的に活躍している。

goods + events

ジャック・ドゥミ+ミシェル・ルグラン
「シネマ・アンシャンテ」
山田宏一・濱田髙志
★9/21発売!

立東舎/B5変形/オールカラー192P
定価2,500円+税 ★図版350点

貴重なインタヴュー、写真で振り返る
〈ドゥミ×ルグラン〉の世界

映画『ラ・ラ・ランド』に多大な影響を与え、再評価が高まる『シェルブールの雨傘』と『ロシュフォールの恋人たち』。この2作は、映画監督ジャック・ドゥミと作曲家のミシェル・ルグランのコンビだからこそ、生み出すことができた奇跡の作品と言えるでしょう。本書では、その魅力を映画評論家の山田宏一とアンソロジストの濱田髙志が掘り下げ、豊富なヴィジュアルとともに紹介していきます。生前のドゥミと親交があり、『ロシュフォールの恋人たち』の撮影現場にも立ち会った山田宏一。そして、ルグランから全幅の信頼を得ている濱田髙志。この二人だからこそ知り得た〈ドゥミ×ルグラン〉コンビの横顔、そして貴重な写真と資料の数々を大公開します。

★商品情報はこちらから
http://rittorsha.jp/items/16317441.html

「ミシェル・ルグラン クロニクル」
濱田髙志
★9/28発売!

立東舎/B5変形/オールカラー256P
定価3,000円+税 ★図版600点

ミシェル・ルグラン公認!
全作品を網羅した評伝とディスクガイドの決定版

『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』『女と男のいる歩道』『華麗なる賭け』『おもいでの夏』を始めとする映画音楽から、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、バーブラ・ストライサンド、サラ・ヴォーンら辣腕ミュージシャンとの共演まで、サントラ、ジャズ、オーケストラ・アレンジ、シャンソン、ライブラリーミュージック、さらには楽曲提供と幅広いジャンルで、作曲家・編曲家・指揮者・演奏家・ヴォーカリストとして活躍しているミシェル・ルグラン。本書は、そんな彼の活動のすべてを紹介した『ミシェル・ルグラン 風のささやき』(2004年刊)の増補改訂版。アンソロジストの濱田髙志が徹底調査のうえでまとめた1冊です。音楽ジャンルごとに掲載したディスクはなんと600枚以上!その偉業のすべてがいま、明らかになります。

★商品情報はこちらから
http://rittorsha.jp/items/16317440.html

ユニバーサルミュージックより9月20日発売!
「ロシュフォールの恋人たち」
オーケストラ・ヴァージョン

定価2,000円+税

ミシェル・ルグランのめくるめくオーケストレーションが際立つフレンチ・ミュージカルの傑作サントラを、新たにインストゥルメンタルとしてレコーディングした企画盤。単独オリジナル・フォーマットでは世界初CD化!

「シェルブールの雨傘」
オリジナル・サウンドトラック

定価2,500円+税

ジャック・ドゥミ×ミシェル・ルグランの名を世界に知らしめた彼らの代表作にして、映画史/映画音楽史に残る永遠の名作『シェルブールの雨傘』。そのオリジナル・サウンドトラックの【完全盤】。

ソニーミュージックより9月27日発売!
「ブライアンズ・ソング」
「トゥエンティ・ソングス・オブ・ザ・センチュリー」
「ミシェル・ルグランの世界」
「タイムズ・オブ・ユア・ライフ」(日本初CD化)

各タイトル 定価1,300円+税

ミシェル・ルグランは60年代から70年代にかけて、映画音楽の録音と並行して、自身のリーダー・アルバムの録音と、それを引っさげてワールド・ツアーを行なっていた。今回は、その時代にRCAとBELL(Arista)に残した名盤4タイトルを再発。その手腕が遺憾なく発揮された、華麗なオーケストラ・サウンドを改めて紹介します。高品質Blu-spec CD2仕様。

「ミシェル・ルグラン 世界音楽旅行」3枚組

定価4,000円+税

これがキャリアの原点! 若きミシェル・ルグランが、巧みなアレンジで聴き手を魅了した珠玉の名盤をここに集約待望のCD-BOXセット。高品質Blu-spec CD2仕様。

「火の鳥 オリジナル・サウンドトラック
<スペシャル・エディション>」

定価3,000円+税

巨匠ミシェル・ルグランが書き下ろした1978年公開の映画「火の鳥」(市川崑監督)のテーマ曲、組曲、そして深町純作曲・編曲のオリジナル・サウンドトラック音源や国内アーティストによってカヴァーされた数々の音源を一挙にコンパイル。全曲最新デジタル・リマスター&高品質Blu-spec CD2仕様。

★商品情報はこちらから
http://smarturl.it/smji_ML

山田宏一写真展『ジャック・ドゥミの撮影風景』
72 heures à Rochefort par Koichi YAMADA

会場:ギャラリーメスタージャ
[東京・神保町] 東京都千代田区西神田2丁目3-5
http://www.gallerymestalla.co.jp/
会期:2017年10月6日(金)-10月20日(金)
月曜-土曜 13 :00-19 :00 日曜休廊

「ロシュフォールの恋人たち」アーカイブス展

会場:パールブックショップ&ギャラリー
[東京・幡ヶ谷] 東京都渋谷区西原2-26-5
https://www.facebook.com/888books
会期:2017年10月13日(金)-10月22日(日)
13 :00〜19:00 会期中無休

★『ミシェル・ルグラン クロニクル』(立東舎刊)を当店でご購入いただいた方には、本書に収録しきれなかった図版満載の「別冊ミシェル・ルグラン クロニクル」を進呈(数量限定/先着順)します。

HÉLIOPÔLE(エリオポール)にて
MUSES of Nouvelle Vagueを展開!

エリオポールでは、MUSES of Nouvelle Vague(ヌーヴェルヴァーグのミューズ達)と題し、『シェルブールの雨傘』のカトリーヌ・ドヌーブなど、ヌーヴェルヴァーグの女優たちが着ていたニットを現代風にアレンジしたコレクションを展開します。期間中、対象商品をご購入いただくと、映画をイメージしたビジュアルブックとエリオポールがセレクトしたヌーヴェルヴァーグ劇中曲をプレゼント。

開催期間:10月13日(金)~
開催店舗:
代官山店 東京都渋谷区猿楽町28-10 モードコスモスビル1F
銀座店 東京都中央区銀座5-6-6 フォトグビル1F
松屋銀座店 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座本店3F
新丸の内店 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング3F
なんばパークス店 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70-3F

http://heliopole.co.jp/

「ミシェル・ルグラン映画音楽集」
ランブリング・レコーズより販売中!
ミシェル・ルグランの代表曲を集めたアルバム。エリオポールがセレクトしたプレゼント曲もこのアルバムに収録!
定価2,000円+税

THEATER

エリア 都市 劇場名 期間
関東 渋谷区 YEBISU GARDEN CINEMA 10/14(土)〜10/20(金)
  横浜市 横浜シネマリン 11/4(土)〜11/17(金)
中部 名古屋市 伏見ミリオン座 10/28(土)〜11/3(金)
関西 大阪市 シネ・リーブル梅田 10/28(土)〜11/3(金)
  京都市 京都シネマ 11月開催予定
cinéma enchanté シネマ・アンシャンテ

『ロシュフォールの恋人たち』製作50周年記念企画 ジャック・ドゥミ + ミシェル・ルグラン デジタル・リマスター版特集上映
配給:コピアポア・フィルム/東宝 協力:ハピネット/トライストーン・エンタテイメント/濱田髙志
© Ciné-Tamaris © 1979 池田理代子/フィルムリンク・インターナショナル © Agnés Varda